気になるオンラインカジノの違法性、合法性について

気になるオンラインカジノの違法性、合法性について

コロナ禍のパチンコ店休業問題で、にわかに盛り上がりを見せているオンラインカジノ。

“家にいながらギャンブル?”“お金の支払いや換金は?”“そもそもカジノって駄目じゃないの?”と、不安な点があり手を出せずにいる方も多いと思います。

そこで今回は、一番気になるオンラインカジノの違法性、合法性について調べてみました。

オンラインカジノを裁く法律はない

オンラインカジノを裁く法律はない

まず始めに知っておいて欲しいこととして、“現在の日本においてオンラインカジノを裁く法律は現時点で存在しない”ということです。

賭博に関する罪で言うと、日本国内でのお金を賭ける行為、お金を賭ける場所を用意する行為は罪にあたるので、団体が逮捕されたというニュースが流れたりします。

しかし、オンラインカジノは、“海外で合法的に運営されているカジノを日本からアクセスしてプレイする”ので、日本国内のみで適用される賭博に関する罪は適用されず違法ではないとされているのです。

旅行でラスベガスのカジノで楽しんできた!という人が捕まらないのと同じ理由です。

取得に厳しい基準が設けられている運営ライセンスを所持していることが、信頼の証となっています。

違法性とグレーゾーン

違法性とグレーゾーン
日本国内のオンラインカジノの運営は、“日本国内”の賭博に関する罪に該当するので違法となります。

また、日本国内の運営オンラインカジノを利用したり、日本国内に席を用意した経営店舗からオンラインカジノをプレイさせること、利用することも違法です。

現段階での日本におけるオンラインカジノのプレイは“違法にも合法にもできないグレーゾーン”という扱いなのです。

  • カジノサイトが政府発行運営ライセンスを取得していない
  • 日本国内で運営している(していそうな)カジノの利用はしない

まとめ

実際の日本では、新型コロナの影響で大阪のIR開発自体は延期となりましたが、2016年カジノ法案(統合型リゾート(lR)整備推進法案)が成立となりました。

オンラインのカジノに関しても今後どのような法律がでてくるか不確かな部分が多いです。

最後に繰り返しますが、オンラインカジノの違法性合法性については違法ではないが合法ではないグレーゾーンです。

プレイを考える方は個人個人の慎重な見極めが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です