オンラインカジノが始動するまでの長い歴史について

オンラインカジノは昔からをプレイされている方やまだプレイしたことない人もいると思います。

そもそもいつからオンラインでネット配信されたのか気になりますよね?

オンラインカジノは世界各国で開催されているカジノゲームなので、最初の始まりはどんな感じだったのか気になる部分があります。

そこで今回はオンラインカジノの始まりや正式に運営するまでの道のりなどオンラインカジノの歴史を紹介していきます。

オンラインカジノの歴史について

オンラインカジノの始動

オンラインカジノの始動

 

オンラインゲームカジノは1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグア・バーブーダがオンラインカジノを正式に運営させるため、世界初政府ライセンスを発行する法律を可決いたしました。

アンティグア・バーブーダとはカリブ海に浮かんでいる島国で、今現在も数多くのオンラインカジノ運営者がこのライセンスを取得している、いわばオンラインカジノの本部基地になります。

また2003年にオンラインカジノ禁止法案をアメリカで発令され、この法案に真っ先に反抗し対立を試みた国の一つでもありました。

オンラインカジノに対するアンティグア・バーブーダの情熱的な貢献は、非常に素晴らしいものがあります。

オンラインゲーミング会社が設立

オンラインゲーミング会社が設立

オンラインカジノを運営するには、「ライセンス」と「ソフトウェア」が必要になります。

「ソフトウェア」はマイクロゲーミング社という企業が世界初ソフトウェアを開発したところになります。マイクロゲーミング社はイギリス領マン島に拠点にしているソフトウェア会社になります。

アンティグア・パーブーダでオンラインカジノ運営のライセンスが発行できる法律が可決される前から 、オンラインカジノに力を入れ1994年に会社を設立いたしました。

安心してオンラインカジノを運営して行くために、「オンライン決済セキュリティーソフト」が必要になってきました。

このソフトウェアは1996年クリップロジック社が設立し、オンラインカジノを安全に運営するためにオンライン決済セキュリティーソフトが開発されました。

このセキュリティーソフトはオンラインにおける金銭的なやりとりを安全に取引できるソフトウェアです。

このクリプトロジック社が開発したソフトウェアが完成されてから、オンラインカジノの運営が次々と開始しました。

まとめ


オンラインカジノの歴史は意外と深く、運営に至るまでの長い道のりをしっかりと経験しております。

私たちが安心安全にオンラインカジノをするためにも、会社側はライセンスの発行やソフトウェアを導入しセキュリティーを万全にしなければなりません。


それを知った上でオンラインカジノをプレイするのは非常に安心感があり、このライセンスやセキュリティーソフトがあるからこそ私たちは日々カジノを楽しむことができます。

オンラインカジノをやったことない人でもとにかく怪しい…金銭的な取引は情報を盗まれたりして危ないんじゃないのか?などと思っている方は、そのようなプロセスは一切ありませんので安心してゲームをプレイしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です