国の制度によるオンラインカジノの運営ライセンスについて解説!

日本国内でもカジノに関する憲法が可決されて、ランドカジノ建設が実現することとなりました。ランドカジノの建設によりオンラインカジノにも人気に火がついたように感じます。

世界各国ではすでにオンラインカジノは合法的に認められており、そのカジノの数は何と2000以上にものぼります。

日本でもオンラインカジノは多数存在しておりますが、初めてオンラインカジノをする人にとってはどれを選択すればいいのか分からないですよね・・・

しかも不正でオンラインカジノを運営しているところもあるので、カジノサイトで遊ぶときには慎重にサイトを選ばなくてはいけません。

もどうすれば合法的にやっているオンラインカジノを見つければいいのでしょうか?

法律を守って運営しているオンラインカジノは必ず運営ライセンスを持っています。


今回はオンラインカジノを運営する時にあたって、必要なライセンスについて話をしていきます。


オンラインカジノは運営会社とは別に第三者審査機関、ライセンスの発行機関などいろいろな企業と連携して成り立っております。

運営ライセンスって?

オンラインカジノの運営ライセンス


運営ライセンスはオンラインカジノを実際に経営してOK!という証のようなものです。

なので、ライセンスなしにオンラインカジノを運営することは基本的にできません。

運営ライセンスは政府やそれに関係している機関などが発行しております。

オンラインカジノを運営する企業は必ず、オンラインのカジノゲームが法律的に認知された国に会社やサーバーを置き、ライセンスをとってルール上に則り経営を行っております。

運営ライセンスを国の制度により発行する理由

運営ライセンスを国の制度により発行する理由

ではなぜこの運営ライセンスを政府や国の制度などにより発行しているのでしょうか?

それは各国のマフィアの資本金を絶つためにおこなっております。

国や政府がちゃんと認知されたオンラインカジノの企業にライセンスを発行し、法律に則って運営させることによってマフィアが経営する 危険な賭博場に市民が足を運ばせないようにすることができます。

もう一つは事業として税収を上げることができるからです。日本が公式に運営しているギャンブルと同じように、国がギャンブルを管理することにより、収益の一部分を税金として取ることができます。

オンラインカジノのライセンスの発行元が、カリブ海の小さな国にたくさん存在してるのは、このような理由があったからなのです。

まとめ


今回はオンラインカジノを運営するために必要な運営ライセンスについて解説しました。
このライセンスが基本的にあれば合法的に運営されているので、安心してカジノを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です